KKSTYLE
kkstyle.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今後発売される洋書たち
何気にアマゾンでうろうろ。
梅田のジュンク堂でニットの洋書が少し増えましたが、それでもやはり新刊となるとネットで買うしかないんだよねえ。
アマゾンの洋書の取り扱いはずば抜けているから、ここで買うことが多い。
洋雑誌は、マガジンマートがほとんどだけど、ておりやさんとかroom amieさん、金の羊さんでも買えるので、中身を見てから買うことにしてます。
イギリスの本は、イギリスのネットで買うことがほとんど。
実はそんなに送料が高くないので、毛糸と一緒に買ってます。

本は吟味して買うことがほとんどなのだけど、昨日見つけた本は買ってしまう可能性が高そう。




Nancyさんの本は数冊持っているのですが、どれもこれも美しい作品ばかり。
持っていると言ってもほとんど靴下の本や、北欧のデザインを多用したミトンの本。
古いデザインを今風のデザインに起されているのだろうけど、それが私のツボにぴったりでして、どのデザインを編んでも新鮮な気持ちになるのです。
今までのデザインをまとめた物(雑誌 pieceworkから)なのか、それとも新しくデザインした物なのかそこら辺はちょっとわからないけど、欲しい本の一つには間違いないです!




Ravelryで知った彼女のデザインは、私のツボを抑えたニットばかり!!
去年は彼女のデザインからレースロングカーデを編んだのですが、こういったレーシーなデザインが多くて編みたい物が多い〜。
デザイナーの方は、物理学者らしいのです。
この方だけでなく、建築者や数学者、教師といった別に仕事を持たれている方のニットデザイナーが海外では多い。
ニット師範でも講師でもなくても、デザインを発表できる場があるのって素晴らしいと思いますね。日本ではあり得ない話なんでしょうけれど。
門が広いといろんなデザインが生まれて、更にそれが発展していく・・・ニット界が潤うと思うんですがね〜。
どうしても日本のニットは「ダサイ」か「ラブリーすぎる」のどちらか。
中間に位置する人たちは、結構海外に流れているというのは否めないと思います。

話はそれてしまったけど、この方の本は絶対に買う!!
まさしく中間に位置する方々に「お洒落!」って思って頂きたい本にちがいないはず。





interweaveから出ている雑誌Knitsceneの人気があったパターンをまとめたものでしょうね。
いつもKnitsばかりチェック&購入していますが、こちらもシンプルかつお洒落なニットが多いこと。
いつも買わない雑誌なので、集大成の本ならばぜひとも購入したい!

この3冊、実は発売は年末〜来年!!
どんだけ長いのよ(笑)
でも気長に待ちます、欲しいもんね。
ちなみに、発売が近くなるとこちらで少し内容が見れるようになりますよ〜。
[PR]
by lifestyle-p | 2011-02-17 23:58 | 日々
FO;Interweave Knitsよりメンズのニットカーデ
昨日久しぶりに神戸に行ってきました。
今年初めてかも。
神戸って結構遠いんだよー。
気合いを入れていかないと行けないぐらい(笑)
そんなわけで、ユザワヤとユニオンウールにも足を運んできました。
特にこれ!という新製品の糸はわからなかったのですが、ハマナカのフラックスの新しい色の糸が入荷してましたね。
綺麗なオレンジのような色がとても目につきました。
今年の春はmichiyoさんの本から一つ、かぎ編みショールかチュニックを編もうかと思っているのだけど、どう見てもグラム数が多いのでハマナカの糸は選ばないかも(汗)
春夏に450〜500グラムの糸は重すぎる!!
編んでも絶対着ない可能性あり(笑)
まあ、その前に春夏はあんまりニットもんを着ようという気が起こらないんだけどね。
カーデやちょっとぼそっと着るもので、軽くて涼しげな糸・・・を探しているのですが、なかなか気に入る物がなくて。
一応候補には、リッチモアのグラナダとかシルクハセガワのギンガリネンなどなど、ここら辺なら250グラム程で編めそうなのよね。
うーん、もうちょっと考えてみます。その前に、ウールのカーデを編むつもりだから(笑)

さてさて。
ずっと家人に「カーデが欲しい」と言われていたので、やっとこさ編み終わりました。
d0057979_193422.jpg
相変わらず、へんてこりんなポーズをとるのが好きな人でして(笑)これでもまともな画像なんです。
何の為に、小指を立てているのか・・・・・いやはや私にも謎!!そこは本人に聞いてみるしかない!
まあ、そんなことはいいとしまして(笑)
カーデというより、ニットジャケットに近いです。
カラーがついてるから、余計にそう思えてならないです。
d0057979_193444.jpg
模様はずっと三種類の地模様を84段ごとにリピート。
だいたい三回リピートしています。
ポケットがついているのですが、フラップ部分をガーターで編んでいる所にすればよかったと後から気づく。
その方が、模様を気にせずに編めるし見た目も綺麗だし。
ほとんどポケットといっても飾りに近いものがあるけれど〜(笑)
それにしても、袖はメリヤスだとあんまり気にせずにつけることが出来るけれども、これは左右対称に袖付けしないととても不細工な仕上がりになるので、結構気を使いましたね。
後は、特に何も難しいこともなく、ウエストの増減も一切なし。
d0057979_1934627.jpg
カラー部分は、ぐるりと首周りの目を拾って作っています。
4目減らしめして、それに合わせて長さを調節していますが、もう少し減らし目をしてもよかったかもです。
襟が立つことが多いからね(笑)

メンズのニットは結構シンプルな物が多い中、地模様を多用されたニットはほとんど見たことがなかったので、編んでみてよかったです。
本人希望のチャコールグレーが合っていると思うし、なんせ気に入ってもらったのが一番嬉しいんですけどね!
今回初めて英文パターンでメンズ物を編んだのだけど、サイズがいまいちわからなくてどのサイズにすればいいのだ〜っと頭を悩ませました。
しか〜し、外人のMサイズは日本人ではSサイズというし、このパターンでは一番小さい44サイズを選んだ訳なのですが、ちょっと太めな家人にはぴったりだったようで(笑)
細めな男性は、多分横がだぼだぼになるのでは?なんて思います。
日本の編み物本にはサイズ展開はありませんが、海外のパターンはXSからLLまでサイズ展開があるんですよー!もちろん、小物にもです。
だから、大きすぎて・・・小さすぎて・・・と諦めることは一切ないんですよね。
このサイズ展開、日本でも普及して欲しいわ。
あ、でもあの編み図だけでは表現できないかもしれない。
やはり文で編むようにしないと、なおさらややこしくなりそう。

それにしてもサイズ選びは難しいです。男性であっても女性であっても。

パターン:Ginza Sportcoat by Sarah Fama [ Interweave Knits Winter 2010]
使用糸:Debbie Bliss Fez 15玉
使用針:棒針5mm
変更点:なし
ボタンは、名古屋にある東急ハンズ「私の時間」で購入。「&ストライプ」というお店のボタンだと思います。


[PR]
by lifestyle-p | 2011-02-17 19:30 | KNIT FINISH
ソックスいろいろ
ここんとこ、靴下を編む機会が多かったのですが、靴下といえども糸が変われば雰囲気も変わる訳で、なかなか勉強になるものでした。

まず始めに、リリアン調のカシミヤ糸で編んでみた靴下。
d0057979_11433794.jpg
工業用の糸なので縮絨しなければならないと思いきや、縮絨された糸だったのは編んでから教えてもらったのでした。
リリアン調であっても、コシはなく本当に細い。
3号や4号の棒針で編むのが良いのであろうと思いつつ、そのコシのなさが邪魔をしたのか0号針で編んでみたら、意外や意外丁度よかったわけなんだけど、洗いをかけてみたら更にふっくらして糸の特性を生かすことが出来なかったのがとても残念。
でも、私が今までに編んだ中で一番滑りと柔らかさがピカイチであることには間違いない!と思ったのでした。
こういったシンプルな糸は、シンプルなリブのソックスが一番落ち着くんだな・・・と再確認したのでした。

そして、同じカシミヤ糸でもこちらは変わり糸。
d0057979_11433889.jpg
ループされたカシミヤ糸にストレッチナイロンが入っている工業糸。
寒い時にこういったもこもこのベッドソックスって履くじゃないですか。
そう言った物が出来ないかなぁ・・・とずっと思っていたわけなのだけど、丁度カシミヤでこの糸を見つけた時は「この糸だ!」と飛びついたのでした。
ループ状の糸って編みにくい。
5号から8号までいろいろ試しに編んでみて縮絨させてみたあげく、結局8号サイズに落ち着いた訳なのだけど、ちょっと編み目が大きいような気がする。
もちろん履き心地には何の文句をつけることなく、縮絨することでふわふわの靴下が出来上がりました。
欲を言うなら、この編み目をもっと詰まらせた方が好きなので、もうちょっと考えてみる余地ありかな。

もう2月も半ばに近づいていることもあるので、どちらの靴下にしても今年の秋〜冬にショップで紹介できるとよいなーなんて思っております。

さて最後に、男性からご注文頂いた靴下。
d0057979_11434364.jpg

くるぶし丈のソックス希望ということで、とてもシンプルな靴下を編ませて頂きました。
シンプルだからこそ、こういった霜降りの糸の良さが発揮されているような気がします。
今回、作り目は普通の作り目ではなく、1×1ribという作り目を応用して2×2ribという作り目にしてみました。
そうすることで、作り目から裏目が出来上がっているので綺麗です。
ストレッチ性がある作り目もあるのですが、これはまた次の靴下で使用してみたいですね。
[PR]
by lifestyle-p | 2011-02-10 12:02 | KNIT FINISH
白樺とチョコとマグ
先日、名古屋に行ってきました!
目的は、白樺のワークショップに参加すること。
本当は神戸でなされるワークショップに行きたかったんだけども、気づくのが遅くて知った時にはもう満員でした(涙)
名古屋まで行くのかどうかも悩んだんですけどねー、新幹線で1時間になんやかんやで1時間半で着いてしまうので、えいやと重い腰を上げて行って来たわけですわ。
(他にも松本から来られている方がいらっしゃったので、遠くからでも編みたいと思う方が他にも居られるかと思うと、なんだか嬉しいね)

今回は自由に作れるということで、ペン立てをリクエスト!
d0057979_1159177.jpg
入ってるもん、鉛筆しかないけど(笑)ほとんどは短針ですな。
2cm幅の白樺を組んで、底は6cm幅の丁度良いサイズ。
何度か編んでますが、やっぱり隙間なく編むって言うのは難しい!!
先生は、白樺が重なっていくと隙間が見えなくなる・・・なんておっしゃってたけど、確かに重なるたび厚みが増してくるのでそれなりに隠れるかな。
でも、最初が肝心なんだろうなぁ。
作家さんの物をみると、隙間なくぴったり重なり合っていて美しいし。
まぁ、私にとってはかなり満足な出来上がりでした!早速使ってるよ。

こんな幅の上質な白樺の皮は、日本では絶対手に入らないはず。
先生は、スウェーデンにもともと住んでいたので、そこから仕入れているだそうな。
いいなあ〜、私もいつかは大きめな白樺で大きなかごを編んでみたい。

それから、次いでのお買い物。
d0057979_11593224.jpg
ラデュレの名古屋限定ボックスのチョコマカロン。
私限定物に弱い(笑)
中身よりも単に箱が欲しいという衝動に駆られて、買ってしまったというもの。
d0057979_11592983.jpg
でもね、中のチョコマカロンもおいしそうでしょ!
まだ食べていませんが、もう暫くお楽しみに置いておきます。
ラデュレでは他にもフィナンシェも購入!
高かったけど、ちょっと食べてみたかったというのと、やっぱり箱狙い(笑)

d0057979_11593452.jpg
そうそう!友達がディーン&デルーカの京都限定マグを送って来てくれた!
嬉しいよぉ〜!!買いに行こうと思っていた所に、嬉しいお知らせとお届けもの。
ピスタチオグリーンが綺麗。
いやはや、デルーカは美味しいもの素敵なアイテムが豊富なので、一度お店の中に入ってしまうと無駄に買い物するね(笑)
名古屋でも沢山お惣菜や食材なんぞ買っちゃったもんね!
[PR]
by lifestyle-p | 2011-02-04 12:12 | お買い物