KKSTYLE
kkstyle.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:クラフト( 5 )
マルシェかごをアレンジ その1
今日はとても天気がよかったですねえ〜!
こういう日は家でくすぶっているのがとても勿体無く感じてしまいますが、だらけるのもいいもんですw
いや、私の場合はいつもだらけてるんですけどw ま、その辺はおいといて・・・と(汗)

今年もかごの季節がやってくる!!
毎年、かごが欲しくなるわけなんだけど、今年は自分でアレンジしてみよーーー!!ということで、ノーマルなかごを一つ買ってきました。
なんと、C&Sさんのかご展で買った1400円位の安いヤツw
さて、ここから二回程に分けて、かごのアレンジの模様をお伝えします(笑)

では、材料から。
d0057979_16195112.jpg

まずはかごですね!何処にでも売っているなんてことないマルシェかご。
これは、好きな大きさを選ぶことから始まるのですが、あまり大きいとやることが多くなるので、小ぶり位が丁度いいかも?
d0057979_16195983.jpg

そして、造花です。
私が選んだのは、ハイドランジアといってあじさいの造花でなのですが、これがまた沢山の種類があって困る程!!
一応商品によって花びらの大きさ、形状、あと色が微妙に違ったりするので、お好みのハイドランジアが見つかるとゲットです。
私が選んだのは、秋色あじさいといって少しアンティークぽい仕上げにしてあるもので、全て花びらが4枚のもの。
お店で見たものでは、花びらが重なっている物もありました。
色が気に入れば、これはラクチンかも〜。
数ですが、かごのサイズによって変わってるので、少し多めに用意しておくのがベターです。
d0057979_16195612.jpg

そして、こちらはデコなどでつかうラインストーン。
私が買ったのは、スワロフスキーのもの。
d0057979_16195763.jpg

あとは、持ち手に巻くリボン。
何でもいいと思います。
本当はリバティのバイアステープを使用するつもりだったのだけど、どうも合わないな〜ということで、無地のグログランリボンにしました。
だいたい2mぐらい。

さぁ〜材料が揃ったところで、作って行きましょう♪
まずは、造花の花びらを使うべく、花びらの部分を全て抜きます!
d0057979_1620798.jpg

こんな感じに花弁のところがぽこっと取れるような仕組みになっているので、とりあえず全部抜く!
この作業が結構面白かったりするんだよね〜〜〜。

このハイドランジアの造花は、大きさが小〜大まであるので、サイズごとに纏めます。
纏め終わったら、花びらを二枚重ねるため、大きさ違いのものをセットにします。
セットにしたら、さきほどのラインストーンを真ん中にボンドで貼付けるというとても簡単な作業。
d0057979_1620067.jpg

いかかでしょ?
とても簡単です!!
ハイドランジアによっては、全く同じサイズの花びらのものもあるので、ずらしてボンドで貼るといいかな〜なんて思います。
一本でだいたい花びらのセットが20個と少し出来上がりました。
青×グリーンの花びらとピンクの花びらを混ぜて使うので、様子見ながら数を作っているところです。

さて、続きはまた今度☆


ハイドランジア(あじさい) 1P【造花・未触媒】【器なし】

ハイドランジア(あじさい) 1P【造花・未触媒】【器なし】
価格:567円(税込、送料別)

あじさい 1P【造花・未触媒】【器なし】

あじさい 1P【造花・未触媒】【器なし】
価格:399円(税込、送料別)



[PR]
by lifestyle-p | 2011-04-21 16:45 | クラフト
お花のヘアゴム
最近の手作りはこちらから。

d0057979_21264158.jpg

これ、造花なんです。
あじさいの造花の花びらを一枚一枚取り除き、それを更に重ねてまたお花を作ったもの。
d0057979_21282124.jpg

ボリュームを出す為に、色違いのお花を二つ作りヘアゴムに仕立てました。

ちょっとお疲れのお友達にプレゼント。
本当に喜んで貰えてよかった。

今私の中では、造花で作るアクセサリー欲がふつふつと。
今日も問屋でいろんな色のあじさい造花を購入してきました。
いろんなカラーでヘアゴムにしたりピアスにしたり、ネックレスにしたりできそう!
考えるだけでも、気分は春ですなあ!!
[PR]
by lifestyle-p | 2011-03-24 21:33 | クラフト
万博と紅籐のかご
今日も暑い!
いや、昨日の方が暑かったかな。
昨日、歩いて万博公園まで行ってきました。蝉の鳴き声がもう聞こえる万博公園。
d0057979_1034536.jpg


前から行きたかった「国立民族博物館」へ。
d0057979_1034821.jpg


いやー、あんなに広かったけ?て思う程広くて、館内を一周するだけでへとへとになりました。
「大阪日本民芸館」とはしごするつもりだったのだけど、ぐったりしたのでまたの機会に。
へとへとになるのと同時に展示物がかなり多いので、自分の中のキャパがアップアップ状態(汗)
もう、物事詰め込めません〜〜〜〜〜な状態で出てきました。

そのなかで、どうも昔の道具とかかごとかに目がいってしまいます。
d0057979_1034612.jpg

これはフランスのもの。
別にフランスでなくても、ヨーロッパではこういったかご文化があったものと思われます。
今後の製作に役立つどうかはわからないけど、こういったかごは見ているだけでもいいのよね。

世界の文化を知りたいなら、ここでしょうね。
450円でへとへとになるぐらい楽しめますんで、お勧めです。
平日ならガラガラに等しく、ほぼ貸し切り状態に近いです。
他の画像はflickrのJAPAN日本にUPしてま〜す。

ところで、その気になるかごのこと。
二個目に編んだかごですが、こんなにでっかくなりました!!
d0057979_109348.jpg
直径40cmのばかでかいかご(笑)
素材は紅籐といわれるもので固いといわれるんだけど、私が想像していたほどではなく意外と編みやすかったんですー。
お風呂の残り湯に一晩浸けておくと、次の日にはしなやかに。
色付きではなく、もともとこういった色をした籐なので、色落ちの心配がないのでそんなに浴槽は汚れません〜。まあ、屑は出ますけどねえ〜(汗)

柔らかいものとたて芯になるものを分けて編み込んでいく。
d0057979_1093636.jpg
始まりはあんまり綺麗とはいえないけど、まぁ二個目としてはまだマシかもです(笑)
どうも、たて芯に太い籐を選んでしまったせいか、少しかごが歪みぎみに出来上がりました。
最後の処理も結構力づくだし・・・汗・・・。
今後の課題は、始まりや放射線状を綺麗に編むことや、形を綺麗に整えながら編むこと・・・全部ちゃうの(笑)
でもでも、自分で編むとかなり愛着がわくので、このかごを洗濯ものかごとして使用中!
こちらは、3日ぐらいかけて編んでます。途中で浸けていた籐がなくなったので、日にちをまたいで編んだというわけ。
籐の購入は、小西貿易で1キロ2800円程、このかごは1キロも使ってませんよ〜。
参考図書は、かごづくり BASKETS素材いろいろ 手作りのかご
エコクラフトは力が要らないけど、こちらは力仕事になるのでけっこうへとへとになります。
次はバッグを編みたい!目標は、エバゴスだからね!
ニットと籐のコラボレーションが、最終目標だわ(笑)
[PR]
by lifestyle-p | 2010-07-07 10:35 | クラフト
かごを編む
白樺編みから触発されて、どうもかごが編みたくなる!!
な〜んていうととっても大げさですが(笑)、次の大きな編み物まで日にちはあるし、ソーイングは材料待ちだし、(こういう時はちょっと編み物は置いといて)、なにかやってみたいものの候補として「エコクラフト」で編むかごにしてみたというわけ。

材料は、ハマナカのエコクラフトだと高いので、ネットで安くて評判の良いwrapfunという、ラッピングのお店で。
カラーも豊富だし、なんといっても安い!!
安いから品質が悪い訳ではなく、ほぼハマナカの製品と変わらないみたいよー。

で、早速下のブログに貼付けた本「エコクラフトで作る北欧テイストのかご」から、一番編んでみたかったもの。
d0057979_1401653.jpg
フルーツ盛りならぬ、毛糸盛り!!
この持ち手のサイドにあるゴッドアイという形?のかごは、バルト三国の民芸市などで売っているみたいで(他の国でもあるかも?)ころんとしていて可愛いのよね〜。
初めて編んでみた割には、それなりに編めたような気がするけど、やはり木材ではなく紙なので、少し力を加えると歪んだりするのがたまにキズ。
でも、満足な出来上がり!

d0057979_1401361.jpg
こちらも同じ本から。
とりたてて難しいことはなく、ただ綺麗に作る為には様子を必ず見ながら作成していかないといけないな、と。
こちらは、お友達にあげる予定。

それにしても、紙でかごが作れるなんてほんっと感激。
紙バンド自体、再生紙を使っていたりするそうなので、まさしくエコなクラフトですわねん。
もっともっと広がればいいのにーなんて思ちゃいましたよー。
まだ紙バンドがあるので、バッグぐらい作れそうですよ?作っちゃう??
でも、私使わないし欲しい人がいらっしゃったら差し上げます(笑)

次なるかご作成計画は「籐」です!!
水につけながら編むというのは、暑いこの時期にぴったりかも(笑)
テキストはこちらから。
【バーゲン本】 こんな素敵なかごをつくろう

【バーゲン本】 こんな素敵なかごをつくろう

価格:円(税込、送料込)

革のスイートアクセサリー

革のスイートアクセサリー

価格:円(税込、送料込)

←のアクセサリーの本は気になる。



追記
「こんな素敵なかごをつくろう」by雄鶏社
楽天では買えませんが、こちらで購入可能です!
http://www.marchen-kawabata.co.jp/SHOP/329.html
[PR]
by lifestyle-p | 2010-06-22 14:23 | クラフト
本当の意味での白樺編み
土曜日、とても楽しみにしていたワークショップへ。
わざわざ名古屋まで足を伸ばしてきました。

我が家に遊びにきてくださった方や、ネットショップを利用してくださった方は多分わかるかと思うのですが、我が家にはかごが沢山あります。
昔からかごは大好きで、アジアやフランス、北欧などの国のありとあらゆる国のかごが溢れかえってます。
その中で、多分一番多いのではなかろうかというのが北欧のかご。
北欧のかごでもたくさんの種類があり、そしてどれもが伝統工芸の製品。
パインで編んだものや、白樺で編んだもの、そしてねずの木で編んだもの。
今回のワークショップでは、どうしても一度編んでみたかった白樺編み。
本当はかごやバッグを編みたかったのですが、日時があわず白樺の靴を編むワークショップに参加することにしました。
白樺の靴を編む以前に、白樺のかごさえ編んだことがないので、本当に編めるかどうか心配だったのですが、先生が丁寧に教えてくださいました。

これが、白樺の靴。約5cm
d0057979_1310547.jpg
ネックレスにするのですが、私はネックレスとして使わないので、キーリングに仕立てました。
ああ、可愛い!!!自分で編めるなんて・・・嬉しすぎ!!

白樺の樹皮の白い部分を剥いだら、こういった茶色い皮がお目見え。
それを固ければ水に浸して柔らかくして、そしてオイルなどでコーティング。
一定の幅を決めてカットし、それを編み込んでいきます。
この白樺編みは、北欧だけでなくバルト三国やロシアでも編まれているので、寒い国なら当たり前の工芸品なんですけど、最近は工芸作家自体がお年寄りが多く、後継問題が囁かれているとか。
なんなら私が立候補したいぐらい(笑)この白樺編みをマスターしたい。
綺麗な白樺が必ず採取できるという確証はないということと、編む人が少ない、などなどの問題があるのでどうしてもお値段は高いです。(作家さんのは、良いお値段します)
日本では、北海道に白樺が沢山あるのにな〜っと思うんですけど、どうやら燃料にまわすらしいですよ。

そんなわけで、家に帰って復習。
家にあった不要品の白樺オーナメントが沢山あったので、それを分解していろいろ作ってしまいました!
ミニチュア靴は三個、ミニチュアかごを二つ。靴はだいたい4cmほど!
かごは、家にあったミニチュアかごを参考に編んだら、編めちゃったというわけです(笑)
左にある二つのかごは、北欧の工芸作家さんが編まれたもの。
d0057979_13232912.jpg
こんなに作ってどうするんだい??て思うんですが(笑)、暫くはまりそうですよ〜〜(笑)

わざわざ、名古屋まで出向いた甲斐があったと思ってます。
今回参加したのは、Brorさんのワークショップ。
去年から活動なさっていたのですが、知ったのは最近でした。
これから数回参加したいと思ったのだけど、7月から家族共々上海へ赴任なさるそうで、暫く定期的なワークショップはなさらないとのこと。
残念で仕方がありませんっ!!でも、行かれる前のワークショップに参加できて本当に良かった。
7月に東京/ヤマナシヘムスロイドでワークショップをなさるようです。(Brorさんのサイトに飛んでください。)
私が製作した「白樺の靴」を編むそうですよ☆気になる方は是非!!

ちなみに、こちらの本もやっと購入。
エコクラフトで作る北欧テイストのかご

エコクラフトで作る北欧テイストのかご

価格:円(税込、送料込)


[PR]
by lifestyle-p | 2010-06-14 13:30 | クラフト