KKSTYLE
kkstyle.exblog.jp
ブログトップ
美味しいノスタルジアに白樺のバッグ
この間、文筆家・甲斐みのりさんの「甘いノスタルジア〜おやつの記憶〜」に行ってきました。
甲斐みのりさんの本、実は一冊も持っていませんw
でも本屋で立ち読みでちらりと拝読したことがあるので、情報量の凄さには度肝を抜くかも?
それはちょっと豪語しすぎか?いやでも為になること間違いなし(持っていないのにww)

お菓子は常時食べているわけではなく、たまに美味しいお菓子が食べたくなるぐらいです。
今回も、パッケージに惹かれたものや、食べてみたかったものを厳選して購入してきました。

d0057979_10315492.jpg

鈴屋の「デラックスケーキ」
なんせ、この古めかしい銀色の包み紙に惹かれ、三個入りをゲット。
箱も古めかしいバラ柄がなんとも言えず。
包み紙を開けると、ホワイトチョコでコーティングされた、カステラのような生地に今風でないジャムがはさんであり、懐かしい味がしました。

d0057979_10315657.jpg

これ、この間松本に行ったときに、お土産に買おうと決めていたお菓子。
まさかここで出会えるとは思ってもみなかったので、すかさず購入。
開運堂の白鳥の湖というお菓子なのですが、お店の紹介通り落雁のようにみえるんだけど、ポロポロしてすぐ形が無くなるなんとも繊細なクッキーなんです〜。洋菓子のようで和菓子のようななんとも言えない食感とシナモンの香りがおわ〜んと口の中に漂ってきます。大人な味。
これは伊藤まさこさんの本で紹介されていると友達に教えてもらって知ったのでした。

d0057979_10315043.jpg

これは、思わずパッケージ買い!まるたやの「あげ潮」
素朴なクッキー、今の洒落たクッキーとはちょっと違うような気がしますねえ。
どうやら、テレビで放映されて有名になった?なかなか買えないとか?
まだ封を開けていないのだけど、食べるのが楽しみですね。
どうやらコーンフレークを使っているらしくて、サクサク感がたまんないとか。
因みにこのお菓子に入れてくれた袋もまた可愛くて!同じ柄の紙袋なんですけど、捨てられないこの貧乏性(^_^;)


この間、白樺のワークショップで編んできたバッグが手元に届きましたよぉ!!
d0057979_10315284.jpg

お?こんなに小さかったけな?
普段のバッグ用として使える大きさではなく、サブバッグとして使うか、おうちで小物入れとして使うぐらいのサイズ。
もち手は東屋さんという皮専門のお店でつけてくださいました。
ほんの少しの編み目の隙間もよくみると許容範囲と言えるのか(^_^;)それはそれで味であると受け止めることにします!
次の白樺グッズは何を編もうか…今から考えるのが楽しみであります♫
[PR]
by lifestyle-p | 2011-07-21 11:10 | 日々