KKSTYLE
kkstyle.exblog.jp
ブログトップ
万博と紅籐のかご
今日も暑い!
いや、昨日の方が暑かったかな。
昨日、歩いて万博公園まで行ってきました。蝉の鳴き声がもう聞こえる万博公園。
d0057979_1034536.jpg


前から行きたかった「国立民族博物館」へ。
d0057979_1034821.jpg


いやー、あんなに広かったけ?て思う程広くて、館内を一周するだけでへとへとになりました。
「大阪日本民芸館」とはしごするつもりだったのだけど、ぐったりしたのでまたの機会に。
へとへとになるのと同時に展示物がかなり多いので、自分の中のキャパがアップアップ状態(汗)
もう、物事詰め込めません〜〜〜〜〜な状態で出てきました。

そのなかで、どうも昔の道具とかかごとかに目がいってしまいます。
d0057979_1034612.jpg

これはフランスのもの。
別にフランスでなくても、ヨーロッパではこういったかご文化があったものと思われます。
今後の製作に役立つどうかはわからないけど、こういったかごは見ているだけでもいいのよね。

世界の文化を知りたいなら、ここでしょうね。
450円でへとへとになるぐらい楽しめますんで、お勧めです。
平日ならガラガラに等しく、ほぼ貸し切り状態に近いです。
他の画像はflickrのJAPAN日本にUPしてま〜す。

ところで、その気になるかごのこと。
二個目に編んだかごですが、こんなにでっかくなりました!!
d0057979_109348.jpg
直径40cmのばかでかいかご(笑)
素材は紅籐といわれるもので固いといわれるんだけど、私が想像していたほどではなく意外と編みやすかったんですー。
お風呂の残り湯に一晩浸けておくと、次の日にはしなやかに。
色付きではなく、もともとこういった色をした籐なので、色落ちの心配がないのでそんなに浴槽は汚れません〜。まあ、屑は出ますけどねえ〜(汗)

柔らかいものとたて芯になるものを分けて編み込んでいく。
d0057979_1093636.jpg
始まりはあんまり綺麗とはいえないけど、まぁ二個目としてはまだマシかもです(笑)
どうも、たて芯に太い籐を選んでしまったせいか、少しかごが歪みぎみに出来上がりました。
最後の処理も結構力づくだし・・・汗・・・。
今後の課題は、始まりや放射線状を綺麗に編むことや、形を綺麗に整えながら編むこと・・・全部ちゃうの(笑)
でもでも、自分で編むとかなり愛着がわくので、このかごを洗濯ものかごとして使用中!
こちらは、3日ぐらいかけて編んでます。途中で浸けていた籐がなくなったので、日にちをまたいで編んだというわけ。
籐の購入は、小西貿易で1キロ2800円程、このかごは1キロも使ってませんよ〜。
参考図書は、かごづくり BASKETS素材いろいろ 手作りのかご
エコクラフトは力が要らないけど、こちらは力仕事になるのでけっこうへとへとになります。
次はバッグを編みたい!目標は、エバゴスだからね!
ニットと籐のコラボレーションが、最終目標だわ(笑)
[PR]
by lifestyle-p | 2010-07-07 10:35 | クラフト